年齢と乾燥からくる口元のたるみのケア方法について。

乾燥による口元のたるみ

 
年齢と共に、口元の皮膚が緩みたるみが目立ち始めた。。と感じる女性も多いと思います。目元もたるみやすい部位ですが、口元も非常にたるみやすく、年齢よりも老けてみられてしまう印象を与えてしまいます。

口元にできてしまったたるみは、なかなか改善することが難しいと言われています。本格的に目立ち始めて老け顔となってしまう前に、日頃のしっかりとしたケアが大切になってきます。

 
肌がたるんでしまう原因のひとつに、コラーゲンの減少が挙げられます。コラーゲンというのは、人の体内でつくられるタンパク質の一種ですが、肌の潤いをキープするのにはかかせない成分です。

このコラーゲンの生成は、年齢を重ねる毎に減少するようになり、アラサー世代に入って肌の乾燥が気になり始める方が多いのも、この生成量が原因である場合が多いんです。コラーゲンによって、肌は潤いとハリをキープしているので、この生成量が減少してしまうことはそのままたるみに直結してしまうんですね。

 
加えて、口元のたるみのもうひとつの原因として、顔の筋力の低下も考えられます。顔の表情筋と呼ばれる繊細な筋肉も、年齢とともに減少・低下し、それがたるみだけでなくシワにも繋がっていきます。筋力の低下も避けられないものですが、日頃の表情の作り方を意識するだけでも鍛えることは可能です。

 
口元のたるみを防ぐためには、まずコラーゲンを豊富に配合した基礎化粧品を使うことが有効です。肌内での生成を促してくれる、レチノールやナイアシンなどを合わせて配合されたコスメを選ぶとより効果的ですね。また、シワと同じように肌の乾燥も直接的にたるみを誘発してしまうため、保湿力の高いコスメであることも重要です。

本格的な冬に向かう季節には、コスメの切り替えを考える方も多いと思いますが、そのときに上記のようなポイントを考慮するだけで、たるみ予防に繋がります。

 
また、顔の筋肉の劣化を抑えるために、日頃から表情豊かに生活することも大切です。特に、柔らかいものばかりを食べるのではなく、少し口元の筋肉を使う固いものを食べるようにしたり、ガムを定期的に噛むといったことも効果的です。これらの表情筋を意識して使うことは、顔全体のシワ予防にもつながるんですね。

 
口元まわりにハリと潤いを感じられるだけで、若々しい印象を与えることができます。日頃からの適切なケアと習慣を、意識的に続けるようにしていきたいですね。

*年齢と乾燥によるたるみを防ぐおすすめの基礎化粧品:『コーセー米肌/肌極/ライスフォース』実体験から違いを口コミ!

コメントを残す