出産してからではもう遅い!できるだけ早く始めたい妊娠線の予防ケア。

妊娠線の予防ケア

 

出産した後の女性の、ひとつの大きな悩みとなっているのが、お腹にできる妊娠線と呼ばれる深いシワ。

妊娠中の大きくなるお腹に、皮膚の真皮と呼ばれる組織がついていけず、縦や横に断裂したような深い溝のようなシワが残ってしまうんですね。お腹の赤ちゃんが急激に大きくなりはじめる、妊娠6ヶ月前後から表れ始める方が多いようです。


 
そのでき方も様々で、おへそを中心に縦に1本のシワができる正中線や、何本もの細かい縦ジワになったり、お腹だけでなくバストや太もも周りにまでシワができる方もいるようです。

一度できてしまうと、時間と共に薄くなることはありますが、完全に消すことが難しいというのもこのシワの特徴です。

 
ただ、妊娠すれば必ずできるというものではなく、ほとんど症状のないまま出産する方も多いんですね。

妊娠線ができやすい方の特徴としては、妊娠中にあまり体重管理ができず過度な体重増加があった方・アトピー肌や乾燥肌の方・すでに出産を経験されている方などが、他の方に比べてできやすいと言われています。

 
出産もキレイなお腹周りでいるために、妊娠線をつくらないためには妊娠中の体重管理が大切になります。産婦人科の先生と相談しながら、日々の適切なカロリー管理が重要になってきます。

特につわり時期を終えた直後は、食欲が急激に戻る方も多いため、知らず知らずのうちにカロリー過多になりがちですので注意してください。

 
それと同時に、やはりお腹の保湿ケアも大切になってきます。お腹が大きくなることで皮膚組織が引っ張られ、肌が乾燥していてはそこからシワが生まれてしまいます。

普段はお腹の保湿なんて気にもしない方が多いと思いますが、妊娠中はしっかりとした保湿を心掛けるようにしたいですね。

しかしながら、しっかり保湿していたつもりでも、細かいシワができてしまうことはあります。それでも、保湿については継続するようにしてください。より深い進行を防ぐことができますし、それ以上の妊娠線を防ぐことにも繋がります。

 
普段お使いのボディクリーム等があれば、それを利用するのも良いと思います。最近では、妊娠中の女性のための身体に優しいクリームやオイルも提供されていますので、そちらを日々塗り込むのも良いですね。

クリームではベルタシリーズのベルタマザークリームや、オイルではAMOMAのマタニティオイルなどが口コミサイトで人気の予防ケアアイテムになっています。

 
妊娠線は、お腹に赤ちゃんがいるうちはそれほど気にならないものですが、出産後に残ってしまってからもっとしっかりケアしていればよかった。。と、後悔される方の多い症状でもあります。

ケアはいつから始めれば良いということはなく、気になった時から意識的に始めるようにしてください。

 

コメントを残す