飲むプラセンタの身体への作用について。

プラセンタドリンクの効能

女性の美を支える美容成分として、今ではすっかり広く認知されるようになったプラセンタ。基礎化粧品に配合されるのはもちろん、美容ドリンクとして身体に取り入れる成分としても人気ですよね。

ここでは、プラセンタを飲んだ場合の身体や肌への効果について考えてみたいと思います。


 
プラセンタというのは、哺乳動物の胎盤から抽出されるエキスで、さまざまな栄養素が凝縮しているんですね。実際に使用される哺乳動物としては、馬や豚・羊などが一般的なようです。

プラセンタには、良質なアミノ酸をはじめたんぱく質・ビタミン・ミネラル・核酸など、女性の美にはかかせない様々な栄養素が詰まっているんですね。

 
こうした豊富な栄養素が含まれていることは古くから知られていて、炎症を抑える薬として古代から使われたりもしていました。日本でも1950年代頃から、更年期障害などの治療にプラセンタ薬が使われ始めていますね。

主な効能としては、自立神経やホルモンバランスの調節・抗アレルギー作用・代謝機能の活性化・抵抗力の向上などがあります。

 
実はプラセンタは、飲むで体内に取り入れるよりも、注射によって原液を直接取り入れるのが効果的とされています。しかしながら、口から摂取した場合の効能についても、いくつかの検証がされ違いが公表されています。

ひとつは、肌トラブルの悩みとしても多いシミやシワを予防する作用。プラセンタには、肌細胞の新陳代謝であるターンオーバーを活性化させ、抗酸化作用で細胞の酸化を防止する成分も豊富なために、メラニン色素の沈着によるシミや小じわを予防する作用が期待できるんですね。

もうひとつは、肌が自らの力で潤う水分保持力の向上させる作用。プラセンタによる細胞の新陳代謝向上によって、肌内のコラーゲンの生成も促され、素肌のハリと潤いの向上が期待できるんです。

 

コメントを残す