これからの季節の身体の内側からの日焼け対策。

身体の内側からの紫外線対策

日差しも日に日に強くなってきましたが、こうした季節の変わり目になると、そろそろ本格的な日焼け対策を意識する時期になるのではないでしょうか。


 
日焼け対策というと、UVカットクリームを使用したり日傘・UVガードの手袋など、外部から紫外線を遮断することをイメージされる方も多いと思います。紫外線の影響を受けることで、シミやそばかす・くすみといった肌の老化現象が進行し、女性の美肌の大敵であることは広く知られていることです。

もちろん、こうした外部からの対策も非常に重要ですが、身体の内側からのケアを意識されている方というのは意外に少ないのではないでしょうか。

 
紫外線対策・シミやそばかす予防に有効な栄養素というのがあり、その代表的なものがビタミンCやビタミンEといった栄養素なんですね。特にビタミンCというのは、美白化粧品の配合成分としても実際に広く応用されていて、ご存知の方もいるかと思います。

 
ビタミンCには、シミやそばかすの原因であるメラニン色素の生成を抑える作用があり、同時に素肌のハリを支えているコラーゲンなどの生成を促進する作用もあるんですね。また、非常に強い抗酸化作用によって、肌老化の最も顕著な症状であるシワを抑えるのにも有効に働いてくれるんです。

 
また、ビタミンEも同様に抗酸化作用が強く、肌内での活性酵素の酸化を抑えてくれることで、さまざまな肌トラブルを防ぐことに繋がるんですね。

 
こうしたビタミンC・ビタミンEを豊富に含む食品として代表的なものが、新鮮なトマト。トマトには、2個程食べることで1日に必要なビタミンC・ビタミンEの半分を摂取することができるんです。また、近年注目されているリコピンも非常に豊富で、肌の老化の進行を抑える作用が期待できるんですね。

 
UVカットクリーム・美白化粧品を使用することに加えて、こうしたシミやそばかす・肌老化の防止に効果的な栄養素を意識的に摂ることで、身体の外からも内側からも肌の健康を保つことができるんです。

ご紹介したトマトなどは、非常に手軽に摂ることができる野菜ですから、これからの季節の食卓の一品に意識的に加えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す