乾燥しやすい肌の適切な洗顔方法について。

乾燥しやすい肌の正しい洗顔方法
 

カサカサしやすい乾燥肌にとって、洗顔後のヒリヒリした感覚って、すごく不快に感じられると思います。ちょっとした洗顔料の成分に、過剰に皮膚細胞が反応してしまうんですね。

最近は、洗顔料を使った洗顔は、肌に負担が大きいことが取り上げられるようになり、朝はぬるま湯だけでサッと流すだけという方も多いと思います。これ自体は間違いではなく、特に乾燥肌の方にとっては適切なスキンケアと言えます。

 
しかしながら、夜寝ている間に、就寝前につけ過ぎた美容液やクリーム・分泌された皮脂が酸化されてしまうと、ぬるま湯で流すだけでは毛穴が詰まった状態で、その後の化粧水などによる保湿がうまく機能しないこともあります。

朝起きてから肌の状態をみて、少しベタつきを感じるときは、よく泡立てた洗顔料で落とすこともケースバイケースで大切になりますね。オイリー肌の方などは、乾燥肌の方とは違い、朝は皮膚に多量の皮脂が残っていることが多いため、洗顔料をしっかり利用するのがベターです。

 
それに対して、夜の洗顔は、日中つけていたメイク汚れをしっかり落とすためにも、刺激の少ない洗顔料を使って優しく落とすようにしたいですね。また、目元などは皮膚が薄くデリケートで、かつアイメイクは落としにくいものが多いので、専用のクリームなどを使って落とすのも良いと思います。

メイクも部位によって、落ちにくいところ・落ちやすいところがありますから、しっかり落とすところはしっかり落とせる洗顔料をピンポイントで使うなど、少々面倒でもそうした工夫は大切なんですね。

 
洗顔後も、タオルで擦るように拭くのではなく、できるだけ柔らかい繊維のもので押し当てるように水分を取るようにしてください。タオルの繊維との摩擦で、肌に余計な負荷を与えてしまい傷つけてしまいます。

最近では、そうした洗顔後の水分を吸い取るようのコットンなども提供されているので、肌への負荷が気になる方はそうしたアイテムを利用するのも良いですね。

 
肌が乾燥しがちだと、どうしても化粧水や美容液での保湿ばかりに意識が向きますが、スキンケアのベースである洗顔も適切に行うことが大切です。思いの他、刺激の強い洗顔が原因で、肌が過敏になっている場合もありますから、今一度日々の洗顔を見直してみて下さい。

 
□年齢と共に乾燥しがちな肌のためのスキンケア:『アテニア化粧品 ドレスリフト/プリマモイスト』違いを口コミ!

 

コメントを残す