妊娠中に肌トラブルが増えやすい原因とスキンケアについて。

妊娠中の肌トラブルの要因と適切なスキンケア

お腹に赤ちゃんができると、それまでは全く気にならなかった様々な肌トラブルが目立ち始めます。カサカサと乾燥しがちになったり、吹き出物やニキビ・痒み・肌荒れなど。

妊娠すると、母体も赤ちゃんの成長と出産に向けて変化するため、それに合わせるように肌にも色々な変化が生まれるんですね。

 
妊娠して間もない時期には黄体ホルモンが増加するため、腸の働きなどが低下しがちで、むくみやすい体質になる方が多いようです。

また、それに合わせて便秘になる方も多く、便がうまく排泄されないと皮膚の水分量が減少し、カサつきやすくもなるんですね。さらには、妊娠による生理変化として、メラニン色素が増加することで、シミなどが目立つことも多くなります。

 
こうした肌環境の変化は、妊娠による自然変化に加えて、精神的ストレスの蓄積やつわりによる食欲不振で、栄養が偏ってしまうことが要因になる場合も多いんです。

特にストレスからくる慢性的な睡眠不足や、ミネラル・ビタミンといった肌の健康を保つのにかかせない栄養素の不足は、肌トラブルの主要な原因になってしまいます。

 
妊娠中のスキンケアとしては、肌はそれまでよりもより過敏になっていることが多いため、保湿を重視したできるだけ刺激の少ないケアを心掛けたいですね。

妊娠を境として敏感肌になる方も多く、肌状態に合わせてこれまでの基礎化粧品をスイッチするのも良いかもしれません。低刺激のオーガニックコスメや、敏感肌用のコスメなどですね。

 
身体の内側からのケアとしては、バランスの良い温かい食事を心掛けるようにしたいですね。つわりの時期は無理に食べる必要はありませんが、しっかりとした水分補給と消化の良い野菜や果物などを、少しずつでも摂るようにしてください。

 
色々な肌トラブルが気になってくると、精神的にも辛いと感じる方も多いと思いますが、身体も赤ちゃんを産む準備をしているため、肌状態にも変化が表れるのは自然なことなんです。

これらの変化は主にはホルモンバランスの乱れから起こりますが、出産を終えて落ち着けば身体も肌も元の状態に、少しずつ戻っていきます。

 

コメントを残す