シミの直接的な原因となる活性酵素による過脂化について。

紫外線による肌トラブルを改善するためのスキンケアクリーム

シミの直接的な要因のひとつとして、美容界でも最近になって認知されはじめた過脂化。これは、酸化した脂分が肌内や体内に蓄積してしまうことで、肌や身体の健康に悪影響を与えるとされています。

肌内においても、シミになるメラニン色素が過脂化によって変質し、通常よりもしつこいシミとなって肌に沈着してしまうんです。

 
細胞の老化の原因となる物質として知られている活性酵素ですが、この活性酵素が過脂化を引き起こします。これは肌に分泌される脂質にも起こり、過酸化された脂質は細胞の生まれ変わりであるターンオーバーによっても落ちることなく、肌内に深く沈着してしまうことが問題になるんですね。

 
シミの要因はメラニン色素の沈着ですが、これ自体は肌の自然な防衛作用であり、ターンオーバーによって自然と落ちていくものです。

主に紫外線を受けることでメラニン色素の沈着が活性化してしまいますが、この紫外線によって活性酵素は生まれます。メラニン色素は、この活性酵素から肌を守る作用があり、酸化して黒くなることで肌が傷つくことを防いでくれているんですね。

 
このような通常の日焼けやシミは、時間と共に落ちていきますが、過脂化してしまった脂質はそうはいきません。通常の黒よりも濃い色であることも特徴で、肌表面でより目立ちやすくもなるため、非常に厄介な症状なんです。

 
肌の過脂化を防ぐためには、日々の丁寧な洗顔・保湿ケアに加えて、バランスの良い食事・適切な睡眠時間・ストレスを溜め込まないなど、規則正しい生活習慣も重要になってきます。過脂化の要因は活性酵素ですから、日々の生活の中で活性酵素をできるだけ抑えることができるような工夫が必要になります。

活性酵素は、紫外線による刺激に加えてストレス・飲酒・喫煙・食品添加物などによって、体内に引き起こされる物質です。さまざまな細胞の老化にも繋がる物質ですから、肌のためはもちろん、健康のためにも意識的な規則正しい生活を続けていきたいですね。

 

コメントを残す