部位によって肌質が異なる混合肌のお手入れについて。

aloma-dry-skin-care

肌タイプには、乾燥肌や敏感肌・脂性肌などさまざまですが、それらの肌質が部位によって異なる場合を一般に混合肌と呼んでいます。

主な特徴としては、クレンジングや洗顔の後に部分的につっぱる感じがしたり、Tゾーンだけテカリやすくメイクが毛穴落ちしやすいなどの症状があります。

 
混合肌と一言で言っても、そのタイプの組み合わせはさまざまで、ある部分は乾燥肌なのに他は脂性肌・ある部分は普通肌なのに特定部分だけ乾燥肌など色々なんですね。

そのため、気になる特定の部分に合わせたお手入れをしていると、他の部分にとっては合わない場合も多く、一般にケアに手間がかかってしまいがちです。それでも、肌のことを第一に考えるのであれば、その部位にあったケアを部位別に行うのが理想になりますね。

 
まず、混合肌で脂性肌の症状が表れやすいのがTゾーンで、黒ずみが目立ったりテカリが気になる方が多いようです。Tゾーンには皮脂腺が密集しているために、誰もが脂浮きが目立ちやすい部位ではあるんですね。

しかしながら、混合肌の場合はそれに加えて乾燥肌の要因が合わさっている場合もあり、過剰な皮脂による毛穴の詰まりに気を遣いながら、余計な油分を与えないような保湿ケアを心掛けることが大切です。

合わせて、テカリや毛穴の詰まりの原因となる皮脂ですが、肌の保湿という観点では適量の皮脂量は必要不可欠です。テカリが気になるからといって、必要以上の皮脂を洗い落としてしまうと、内側に潤いが残らないインナードライな肌環境となってしまうので、洗い過ぎや過度なクレンジング等には注意が必要です。

 
脂性肌になりやすいTゾーンに対して、皮脂腺の少ないのがUゾーンで、混合肌ではこの部分がカサつきやすくなりますね。皮脂量が他の部分に比べて少ないため、外部からの刺激も直接的に受けやすく肌荒れが起きやすい部位でもあります。

特に症状として多いのがにきびで、10代のホルモンバランスの乱れからくるにきびというよりも、成人してからの大人にきびができやすい部位になりますね。

そのため、Uゾーンのお手入れとしてはTゾーンとは切り離して、油分をたっぷり補いながら水分を与えてあげるような保湿ケアを心掛けるようにしてください。

 
混合肌の方は意外に多く、ある特定の部分がカサつくと乾燥肌かな?と思ったりしてしまいがちなのですが、部位によって肌質が異なっている場合も多いんです。TゾーンやUゾーンで肌質が違っていないか、テカリや乾燥・にきび・肌荒れといったトラブルを部位別でしっかり確認して、それぞれに合ったケアをしてあげるようにしたいですね。

コメントを残す