乾燥によって肌が老化していくメカニズムについて。

米エキスを配合したアロマエッセンスのボトル

人の肌が老化し衰えていく原因としては、もちろん加齢による自然な老化もありますが、乾燥も老化を早めるひとつの要因となります。

人の肌は、表面に構成される皮脂膜や肌内のセラミド・NMFと呼ばれる各組織によって、内部に水分が蓄えられています。これらのどの組織の働きが低下しても、肌は乾燥しやすくなります。

 
表面の皮脂膜は、分泌される皮脂によって構成されますが、ホルモンバランスの乱れやストレス・間違ったスキンケアなどによって減少し、皮脂膜がなくなると肌内からの水分の蒸発を抑えることができず、乾燥にそのまま繋がってしまいます。

 
また、セラミドやNMFは、肌細胞の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーによて生成されますが、このターンオーバーもストレスや間違ったケアなどによって減少し、生成量が減少してしまいます。

結果的に、肌内に水分を保つ力が低下し、ハリや潤いが失われてしまうんですね。同時に、こうした乱れが生じると、肌を外部刺激から守るバリア機能も低下し、さらに乾燥が進行するという悪循環になってしまうんです。

 

こうした肌の潤いを保つ肌組織が衰えると、そのまま乾燥に繋がりますが、肌細胞の生まれ変わりがうまく機能しないために古い角質が肌表面に残りやすくなり、肌のごわつきを感じるようになります。

その後には、表皮が次第に硬化し始め、ハリ感がなくなるために肌表面に微細な亀裂が生じるようになり、これが小じわとして表出してしまうんですね。

 
さらに乾燥は、肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンにも悪影響を与え、たるみやほうれい線の老化サインに繋がってしまうんです。

 
乾燥を防ぐためには、丁寧な肌への保湿はもちろん、クリームなどで必要な油分も補給し肌内の潤いが蒸散しないケアも大切です。

クレンジングや洗顔も、指先でゴシゴシと刺激を与えてしまったり、界面活性剤の強い洗顔剤を使用するのは避けるようにしたいですね。乾燥した肌はバリア機能も低下しているために、そうした刺激を直接的に受けてしまい、さらなる乾燥・肌トラブルに繋がってしまします。

乾燥が進んでごわつきを感じ始めている場合は、ピーリングなどによって表面の古い角質をしっかり落とすことで、その後の保湿ケアも効果的なものになりますね。

 
■乾燥による肌老化を防ぐためのスキンケア:肌極み

コメントを残す