実は更年期にもできやすいにきびの原因について。

オレンジとアロマの癒しの香り

にきびと言えば、10代の思春期の頃の肌トラブルだと思われがちですが、成人してからもできてしまう方も多いのではないでしょうか。実は、40代に差し掛かる更年期でも、にきびはまたできやすくなるんですね。

 
にきびは、医療では尋常性ざ瘡と呼ばれ、10代から30代の肌に発症する吹き出物の一種であるとされています。主な原因は、余分な皮脂が毛穴の中などに詰まり、そこに細菌が繁殖して炎症を起こすことで発症します。

更年期にできるものは、にきびというよりも吹き出物と捉えた方がイメージしやすいかもしれませんね。ホルモンバランスが乱れやすい時期であり、このバランスの乱れがにきびに直接繋がってしまうんです。

 
この時期には、エストロゲン呼ばれる女性ホルモンが特に減少しやすく、皮脂の分泌が過剰になりがちです。加えて年齢を重ねることで、肌細胞が生まれ変わる周期が乱れ、肌表面に古い角質が蓄積してしまい、皮脂が溜まりやすい肌環境になっているのもひとつの要因です。

このように、更年期に発症するにきびは、10代のそれとは原因も肌環境も異なるため、対処法も全く違ったものになるんですね。

 
にきびができやすい部分としては、10代のものは頬回りなどもともと皮脂腺が密集した部分であるのに対して、思春期ではあご周りなどフェイスラインにできやすいのが特徴です。

あご周りは乾燥しやすく、スキンケアも少しおろそかになってしまいがちな部分です。ホルモンバランスの乱れによって過敏になっている場合も多く、この時期にはあご周りまでしっかりとした保湿ケアを行うことが大切になりますね。

また、シャンプーやトリートメントなど、すすぎ残しが肌表面に溜まりやすい部分でもあり、それらが原因で毛穴を詰まらせることもあるので注意が必要です。

 
人の肌は、水分が蒸発して乾燥し始めると、その蒸発を防ごうと皮脂を分泌して皮脂膜を形成しようと働きます。そのため、乾燥によって皮脂量が過剰になりにきびができやすい環境を整えてしまうんです。

そのため、更年期に差し掛かる時期のにきび予防としては、規則正しい生活習慣による心身のバランスを整えることに加えて、徹底した保湿ケアがにきび予防の最も大切なお手入れになるんですね。

 

コメントを残す