敏感肌の知識と正しいお手入れについて。

sensitive-skin-care-method

 
ちょっとした刺激や環境の変化に、過敏に反応してしまう敏感肌。現代では、女性の過半数はすでに敏感肌になっているとも言われていますね。その原因は、肌の乾燥や間違ったスキンケア・精神的なストレスの蓄積などさまざまです。

 
乾燥肌と同等に扱われてしまうことの多い敏感はだですが、肌表面の皮脂や水分が不足している状態というのは共通です。肌が過敏に反応してしまう要因はさまざまですが、乾燥肌自体が悪化して炎症などを誘発しやすい乾燥性敏感肌と呼ばれるものもあります。

肌のバリア機能の役割を担ってりうセラミドの不足で、外部からのさまざまな刺激を直に受け易い肌状態になっています。

 
こうした過敏な状態になっている肌のお手入れでは、まず低刺激でケアすることが大切です。特に、日々のメイクを落とすクレンジングは、意外に肌への刺激が大きいので注意が必要です。そもそもメイクは脂汚れと考えることもでき、あまりに洗浄力の強いクレンジング剤を使用してしまうと、肌に本来必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまいます。

拭き取るだけのお手軽クレンジングはできるだけ避けて、優しく洗い落とせるようなクリームタイプのものを選ぶようにしたいですね。

 
その後の洗顔においても、化学的な界面活性剤が含まれていない無添加石けんなどがお勧めです。よく配合される合成界面活性剤は、洗剤などにも利用されるほどの強い洗浄力で、汚れはしっかり落とせるのかもしれませんが、過敏になっている肌には刺激が強過ぎるんですね。

 
スキンケアのベースとなる保湿も、化粧水や乳液・美容液などは自分の今の肌状態に合ったものを選ぶことが大切になってきます。特にバリア機能が低下した状態ですから、セラミドを豊富に含んだ基礎化粧品を利用するようにしたいですね。

保湿成分として使われるものは他にもたくさんありますが、バリア機能・保水機能を兼ね備えた成分であるセラミドは、敏感肌のケアには合っていると言えます。

 
敏感肌と一言で言っても、その肌状態・症状には個人差があり、肌に合う基礎化粧品にも違いがあるため、他の口コミや評判だけからコスメを選ばないようにしてください。まずは必ず自分の肌で試してみて、肌との相性をしっかり確認してから利用するようにしたいですね。

 

コメントを残す