更年期を迎える前に知っておきたい身体の変化について。

40th-lady-health

 
アラフォーと呼ばれる年齢を迎えると、女性の身体には様々な変化が現れます。いわゆる更年期と呼ばれる時期に起こる、ホルモンバランスの乱れから来る変化ですね。

これから更年期を迎える女性が、今から知っておくべき身体の変化についてまとめてみました。

まず明らかな変化が見られて、多くの方が不安に感じるのが生理不順です。年齢による卵巣の衰えからくる生理周期の変化ですが、これは更年期を迎えた女性であれば皆が経験することなんですね。

 
40代の半ば頃では、生理周期は以前と変わらず順調であっても、無排卵の月経が増えてきます。生理は順調と思えても、妊娠する可能性というのは次第に低下していっているんです。

40代も後半になると、生理周期自体が乱れ始め、一般的には周期が短くなる頻発月経と呼ばれる症状が多くなります。はじめは不安になるもので、気になる方はまず婦人科の先生に見てもらうのも良いかもしれません。

更年期が原因のこうした変化は問題ありませんが、場合によっては別の理由による不正出血の場合もあります。一度病院で診てもらっていれば、精神的にも安心できますよね。

その後も出血が長引いてきたり、逆に出血自体はすぐに止まったりと不規則な周期が続くこともあるようです。

 
50代を迎え、1年以上生理のない日が続くと医学的には閉経と判断されることになります。上記のような不順が始まって、2年程度以内にはほとんどの方が閉経を迎えるようです。

 
このように更年期を迎えると、周期が乱れたり出血量が多くなったりと、普段の生活でも服を汚してしまったりという失敗は多くの方が経験しています。常時ナフキンを所持しておくなど、不測の場合にでも対応できる準備が大切になってきます。

 
また、生理周期以外にも、ホルモンバランスの乱れから更年期には、これまでは感じることのなかった変化が現れてきます。頭痛や疲労感・動悸・息切れといった身体的な変化から、不安感や憂鬱感など精神的な変化も感じるようになります。

心身共に不安定な時期が続くので、非常にストレスも溜まりやすくなってしまうんですね。あまりに辛く感じるときは、婦人科の先生にも色々相談されるのも良いと思います。しっかり症状を聞いてもらって、診断してもらうと気持ちも落ち着いてきますからね。

 
このように、更年期を迎えると身体にも大きな変化を感じるようになり、自分自身の衰えを肌で感じてしまう時期とも言えます。しかしながら、これは年齢による誰もが通る変化です。

40代・50代を迎えても、ハツラツとした健康的な身体をキープされている方もたくさんいます。自分のこうした変化に負けることなく、なお若々しい自分を保てるような食生活・生活習慣を維持していきたいですよね。

コメントを残す