わきの下が黒ずんでしまう原因と対処法について。

hand-face-care-aloma

 

気温もグングン上がって、薄着で外に出る機会も増えてきましたね。これからの季節は、ノースリーブなどを着ることも多く、女性は脇のケアが大切な時期になってきます。

脇の悩みというと、ムダ毛の処理や臭いなどがありますが、それと並んで多いのが黒ずみなんですね。


 
脇の下が黒ずんでしまう原因はさまざまですが、最も多いとされているのがムダ毛処理の影響によるもの。処理の後に残った毛根が、毛穴に炎症を起こして黒ずみを酷くしてしまうことがあるんですね。

ムダ毛処理による影響は毛根だけでなく、不適切な処理や何回も皮膚に刺激を与えてしまうことで、黒ずみの原因であるメラニン色素が沈着してしまうんです。

 
ムダ毛は自分で処理されている方がほとんどだと思いますが、一般的な毛抜きやカミソリ・シェーバーなどでの処理では、埋没毛になりやすく黒ずみが発生しやすいと言われています。

埋没毛というのは、表面の剃られた毛の根っこの部分が皮膚内に残っている状態で、ポツポツとそれ自身が黒く見えたり毛穴の炎症を誘発することがあるんですね。

埋没毛になってしまった際は、毛抜きなどで抜いてしまいたくなりますが、実はあまり良い対処法ではありません。顔用のレディースシェーバーなどを使用するか、酷くなるのを防ぐにはサロンでケアしてもらうのが安心です。

 
また、皮膚にメラニンが沈着して黒くなっている場合は、サロンによるレーザー治療やハイドロキシン・トレチノインといった成分が色素除去に有効とされています。

ハイドロキシンやトレチノインが配合された化粧品・クリームなどを塗布することで、皮膚細胞の生まれ変わりであるターンオーバーが促されて、細胞と共に色素も落ちていくようになります。

レーザー治療については、サロンでの治療ということもあって高額になりやすく、お財布や脇の状態と相談することになりますね。

 
このように、脇が黒ずんでしまうのは、ムダ毛処理の後遺症として起こる場合が多いんです。黒ずみを防ぐためには、サロンなどで定期的に脇の処理を行うか、自宅で行うのであれば専用の美容機器などを利用するのが良いと思いますね。

 

コメントを残す