本格的な夏に向けて大活躍の制汗剤の使い方について。

汗をかいた部位による制汗剤の選び方と使い方

気温もグングンと上昇して、何もしていなくても汗をかきやすい季節になってきました。特に汗かき体質の方は、この時期は自分の臭いもすごく気になる季節ですよね。

汗をかくとタオルやハンカチで拭くのはもちろんですが、臭いも抑えてくれる制汗剤を利用する方も多いと思います。


 
最近では、さまざまなメーカーさんから制汗剤が提供されていますが、自分の汗のかきやすい部位に合ったタイプのものを選ぶことが大切になってきます。

 
まず汗をかきやすい部位として、脇の下が一番に挙げられるのではないでしょうか。脇の下には汗腺が密集していて、身体の中でも汗をかきやすい部分で、蒸れたりすることで雑菌が繁殖し臭いにも繋がりやすいんです。

臭いが強くなりがちな脇の汗には、スティックタイプの制汗剤を利用することで、あの嫌な臭いも抑えやすくなります。

 
また、背中の汗が気になるという方も多いのではないでしょうか。背中も汗をかきやすい部位で、衣服と密着してしまうことで不快感と共に臭いを発生しやすいのも特徴です。

広い面積で汗が出ますので、スプレータイプの制汗剤が手間がかからず利用しやすいですね。

 
合わせて、顔に汗をかきやすい方も多いと思います。せっかくキレイにメイクしても汗によって流れてしまったり、臭いが気になっても顔にスプレータイプの制汗剤は使いにくいですよね。

顔の皮膚は非常にデリケートで、通常の制汗剤をそのまま使用すると肌に負担となり、肌荒れに繋がってしまう場合もあります。顔の汗が気になる場合には、ジェルタイプのものや顔専用の制汗剤を使用するのが安心ですね。

顔に使うことのできる制汗剤には、長続きするものが多くメイクの乱れを抑えてくれる機能もあるので、これからの時期には女性には特にお勧めです。

 
制汗剤を使用するときは、必ず一度汗をタオル等で拭き取ってから使うようにしたいですね。汗が残ったまま制汗剤を使用しても、臭いの元となる雑菌の繁殖を抑えることができず機能が半減してしまいます。

また、使い過ぎも肌にとってはストレスになり、黒ずみの原因にもなってしまいます。基本的には、汗をかいたらこまめに拭き取るようにし、午前・午後に1回ずつつけ直す程度が適量ですね。

 

コメントを残す