ノンシリコンシャンプーとスカルプシャンプーの違いについて。

スカルプシャンプーの使い方と選び方

 
髪の美しさを保つために、日々のヘアケアは大切なのですが、近年はさまざまなシャンプーやトリートメントが提供されるようになり、自分の髪にはどれが合うのかよく分からないという方も多いようです。

ここでは、よく耳にする代表的なノンシリコンシャンプーとスカルプシャンプーについて、その違いや髪や頭皮に与える効果について考えていきたいと思います。

 
まずノンシリコンシャンプーというのは、その名の通りシリコンが配合されていないシャンプーのことです。シリコンというと、豊胸手術などにも利用されるゴム素材のような印象がありますが、ここで言うシリコンはシリコンオイルという油分を指しているんですね。

シリコンを配合することによって、髪表面に薄い皮膜を形成し、指通りや髪同士の摩擦によるダメージを防ぐことに繋がります。

これだけを聞くと、髪にとっては良い成分のように聞こえますが、このシリコンが頭皮の毛穴を詰まらせるということが知られるようになり、ノンシリコンのシャンプーが注目されるようになったんです。

しかしながら、今はシリコン自体にそうした毛穴への影響は無いことが分かり、頭皮にとっても危険性のないことが知られています。髪表面に皮膜を形成することから、カラーリング剤の浸透を妨げる作用などはあるようです。

 

ノンシリコンに対してスカルプシャンプーというのは、これもその名を通り頭皮の地肌を第一に考えられて開発されたシャンプーのことです。

シャンプーの多くは主に、髪の機能を改善することを目的として開発されますが、そのために地肌の皮脂を過剰に洗い落としてしまうことが多いんですね。皮脂というと、ベタつきや毛穴の詰まりにも繋がることから落とした方が良いというイメージがあるかもしれません。

しかしながら、適量の皮脂というのは地肌の皮膜として、菌の繁殖を抑えたり皮膚を保護する役割も担っているんですね。

スカルプシャンプーというのは、この地肌の皮脂を過剰に落とすことを防ぎ、頭皮の環境を良好に保持することを主目的として開発されているシャンプーです。

 

このように、ノンシリコンという言葉が広く知られるようになると、シリコンは悪い成分のようにも感じられますが、本来髪にも頭皮にも悪影響を与えるものではありません。

スカルプシャンプーの中にもノンシリコンの商品もありますが、あえてそこにこだわる必要はないのかもしれません。

地肌の環境を整えたいのか、あるいはカラーリングの浸透性を改善したいのかなどで、どのような機能を求めているのかでシャンプーを選ぶようにしたいですね。

コメントを残す